たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

ゲーム紹介! 特別捜査本部よ! ペルソナ4の魅力を紐解け!

どうも「たけ」です。

 

てことで今日は月曜日。自由投稿の日です。今回はあまり日常的に触れない「ゲーム」の中で、僕がハマったゲーム、「ペルソナ4」について書いていきたいと思います。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170807181055j:image

 

ペルソナ4は、アトラスという会社が作っている大人気ゲームシリーズ「ペルソナシリーズ」のナンバリングタイトルの4作目でペルソナシリーズの中でも、大人気のゲームです。この他にも派生ゲーム、マンガ、アニメ、などなど世界観を共有したゲームが発売したり、多彩なメディアミックスが行われたりこの事からも人気であることが伺えます。

 

ストーリーは、都会から田舎に引っ越してきた高校生の主人公が様々な仲間達と出会い、引っ越してきた町で起こる猟奇的殺人事件と町で噂されている「マヨナカテレビ」という都市伝説の繋がりや謎を追い、「ペルソナ」という能力で「シャドウ」と言われる敵を倒していくジュブナイル伝記RPGです。

 

このゲームは、ミステリー的なストーリー展開とRPGという王道な要素、そして主人公が高校生ということで学校生活をして仲間達と友情を育んでいくシュミレーションゲームの要素もあるんですね。

 

ペルソナ4のゲームシステムは大きく2つに分かれていて、1つは仲間達と交流して絆を深め、「コミュニティ」と呼ばれる、いわゆる好感度のようなものを上げていくパートと、その「コミュニティ」と呼ばれるもので「ペルソナ」と呼ばれる、主人公が使役する他のゲームでいう使い魔的なものを強くしたり、新しいペルソナを作ったりしてダンジョンを進んでいくRPGパートがあります。このゲームの面白いところはここに時間制限が設けられていること。ストーリーの関係でダンジョンをクリアするのに時間制限が設けられており、その限られた時間の中でいかにコミュニティを深め、いかに強いペルソナを作り出し、いかに効率的にダンジョンを進められるかという要素が入ってきます。

 何事にも深く思考して挑まないと痛い目を見るゲームですがそこの「えぇー、頭使うのは苦手だよぉ。」というあなた!大丈夫、安心してください。このゲームはゲーム内で1年間という年月でストーリーが終わるんですが、しっかり1日1日時間が進んでいくんです。その1日1日にやれることは違いますが攻略本を手に取れば、頭使うのが苦手なそこのあなたでも、そして僕でも進められました! 自分の力で進むともちろん達成感と満足感に満ち溢れると思いますが、それを目指してこのゲームの深いストーリーを進められず挫折してしまうと本末転倒です。もし、頭使うのが苦手な人はほんとに攻略本やサイトなどを見ることをおすすめします。

 

てことでペルソナ4の魅力について語ってきましたが、僕的に他のゲームより突出したペルソナ4の魅力はズバリ、音楽にあると思っています。

 

僕は音楽には全く詳しくないのですが、ペルソナ4の音楽はとにかく惹き付けられる。青春の熱さ、儚さ、切なさなど青春の全てを内包したかのようなその音楽は、本当に聞いてるだけで心が揺り動かされます。僕の個人的な感想としてはどの音楽の中にも必ずどこかしら「青春の切なさ」が伝わってくる感じがします。どの青春にも必ず終わりはあり、別れはいつだって切ない。ペルソナ4というゲーム内でのたった1年の出来事、明確に別れが書かれるこのゲームだからこそ「青春の切なさ」がより大きく伝わってくるんじゃないかと感じます。

 

てことでペルソナ4の魅力を書いてきましたがいかがだったでしょうか。この深いゲームを語るのに僕の拙い文章じゃ力不足でしたが、とにかくやってみてほしいです。そして予想を心地よく裏切ってくれるストーリー展開や、一生懸命思考して夢中になれるゲーム性、そして圧倒的な音楽の魅力を感じてほしいです。

 

明日は火曜日でYoutuber紹介の日ですね。全然反響がよろしくないYoutuber紹介ですが諦めず、明日も紹介していきます。それではまた!