たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

好きなマンガ紹介!〜三ツ首コンドル編〜

どうも「たけ」です。

 

更新遅くなってすみません。部活が明日大会なので練習漬けでした。明日も遅くなると思われますのでご了承ください。

 

ということで、今回はジャンプで打ち切りになってしまったマンガ、「三ツ首コンドル」を紹介したいと思います。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170902230318j:image

 

漫画は序盤で読者の心を掴めるか

この三ツ首コンドル、実は終盤の打ち切り決定からの急ぎ足になってしまったストーリーは、評判が良いんです。しかし、序盤で読者の心を掴めなかったことによる人気の低迷が、打ち切りという悲劇を招いてしまいました。というのも、三ツ首コンドル、序盤での致命的な誤植や荒削りな展開の数々などで序盤のストーリーは手放しで面白いと言える内容ではありませんでした。それでも、「魔女の宝」と呼ばれる宝を使って敵と戦うバトルや、数々散りばめた伏線などは魅力あるものでした、しかし、その魅力を打ち消してしまうようなツッコミどころの多さで打ち切りが決定してしまいました。しかし、終盤は序盤で張られた伏線を怒涛の展開で回収していきます。つまり、この三ツ首コンドルは序盤から設定を練り込んで、淡々と終盤までの盛り上げどころを積み上げてきたんですよね。このマンガ、絶対長期連載だったら面白かったんですよ。主人公側が盗賊で宝を奪っていって、所持している宝が増え、それを状況によって取捨選択しながらの頭脳的なバトルの連続とか、どんどん主人公側と世界観の謎を深めていく展開とかそういうことを多分作者はやりたかったのでしょう。しかし、序盤で読者の心を掴めず、 打ち切りになってしまった。終盤が面白かったのも重なって本当に残念な結果でした。マンガ、特にジャンプで連載するマンガは序盤が特に大事だというのを痛感したマンガでしたね。

 

ということで三ツ首コンドルの紹介でした。この作者さんは序盤の展開さえ何とかできれば、伸びる作者さんだと思います。しかし、「歪のアマルガム」という作者さんの次作も打ち切り。頑張って欲しいんですよね。可愛げのあるキャラデザインも好きなので絶対人気になってほしいですね。

 

明日は自由更新です。更新は遅くなると思われますし、ビルドもリアルタイムで見られないのでどんな内容になるかはわかりませんが 、楽しみにしててください。それではお楽しみに!