たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダービルド 1話 感想

どうも「たけ」です。

 

ついに始まりました、仮面ライダービルド。今日の夜、見てからこれを更新しようと思ってたし、実際これの前の記事に書いたんですが、実は…。月曜日に見ました!すいません! 木曜日見ると言ったのも部活とテストで忙しかったからなのですが、もう見るのだけは我慢できず今回見てしまいました。それから今日まで毎日仮面ライダービルドを家で流してます。ほんとに見てて続きが気になる!それでは今回の1話の感想を書いていきたいと思います!

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170907195421j:image

 

 ベストマッチなやつら

今回は文字通り、「物語の始まり」でしたね。やっぱり新仮面ライダーの第1歩なだけあって、所々に制作陣のやる気を感じました。特に感じたのはやっぱりバトルシーン。予算の余裕も関係してると思いますが、CGをたくさん使ったビルドの必殺技や、スカイウォール付近でのバイク戦など結構序盤じゃないとできない、CGをふんだんに使ったバトルシーンは迫力がありました。

 

ストーリー面はエグゼイドという大きな壁があったのもあって、不安があったのですが1話を見た限りではその不安は無用だったようです。設定の出し方やタイミングも上手いし、主人公が元から仮面ライダーで色々なことを知っている、そこに何も知らないキャラ、ビルドでいうと龍我という聞き手を出す手法が使われています。話し手と聞き手が上手く配置されてるので、視聴者側も聞き手にそって設定が頭にすっと入り込んできます。そして、色々とミステリーな始まりがいい!主人公からして記憶喪失という大きな謎を抱えたキャラで、そこにスマッシュの人体実験や、コウモリ男、スカイウォールの惨劇を引き起こした者、パンドラボックスの謎、などなどたくさんのミステリーが配置されていてPR動画によるとこの謎が解かれるたびにまた新しい謎が出てくる様子。エグゼイドのように謎に翻弄される1年になりそうです。Twitterでもパンドラボックスに触れ、スカイウォールの惨劇を引き起こした犯人は戦兎なんじゃないかなどの考察が飛び交っておりますが、個人的に気になるのは戦兎じゃなく、龍我です。なぜ彼は殺人犯という濡れ衣を着せられ捕まってしまったのかというのも気になるには気になるんですが、龍我はスマッシュの人体実験を受けて体からスマッシュの反応が出てるわけじゃないですか。スマッシュになった人間は何も覚えてないわけで、つまり、龍我も何かしらの記憶を失ってる状態なのではないかと。今回は記憶喪失らしき描写は無かったですが、スマッシュになってしまった、スマッシュの人体実験を受けた者は記憶を失っているので、龍我もその可能性が高いと思われます。とにかく、ビルドは設定の出し方が上手く、ミステリーな引きや謎が小出しにされていて見てて飽きませんね。この1年間、どう翻弄してくれるのか楽しみです。

 

1話で気になるのはキャスト陣の演技ですが、これも良かったです。桐生戦兎役の犬飼貴丈くんは、まだ棒読みらしきところはあるものの、表情の演技がすごくいい。飄々としてるけどそれでいて実は天才という戦兎のキャラが出ていると思います。龍我役の人は僕はまだアマゾンズを見てないのですが、演技に慣れていることもあって演技が素晴らしいですね。叫ぶ演技とか彼の熱さと、声の良さがいい感じでベストマッチしてました。チャックが開いてるというお茶目な部分も見せましたが、そんな2人が今回、意見を交わして互いの目的を知り、そしてベストマッチしました。今後、この「ベストマッチなやつら」がどんな戦いを繰り広げるのか楽しみです。

 

今回びっくりしたのは、フルボトルは振ると生身の体にも能力を与えること。戦兎がラビットのフルボトルを振って、ウサギのスピードを生身の体に付加して攻撃してましたね。そして、トライアルフォームと呼ばれる仮面ライダーダブルでいう「ハーフチェンジ」のような能力。これにはワクワクさせられますね。今後どんな組み合わせが見られるのか楽しみです。そして、これが平成ライダー最後ということもあり、色んな平成要素がごった煮になっています。記憶喪失や謎のオーパーツなどは仮面ライダーアギトですし、上のように変身システムはダブル、仮面ライダーと生身の人間のバディ関係はクウガですし、脱獄犯という設定は仮面ライダー龍騎の王蛇を思い出させます。そこに平成1期のミステリーな引きや、2期の数々のフォームチェンジアイテムなど色々な要素がベストマッチして、ビルドを作ってくれるのかと思うとワクワクしますね。

 

個人的に楽しみなのは平成ジェネレーションズです。エグゼイドの個性的なキャラにビルドのキャラはベストマッチするのか。非常に楽しみです。通り魔、通り魔言われていたビルドですが、そんな戦兎が人間味を得ていくという成長物語もビルドにはあるのかなと思っています。とりあえず僕は1話でかなりビルドのメンバー、特に戦兎と龍我のベストマッチなやつらは好きになったので、このキャラたちがどんな物語を見せてくれるのか楽しみです。

 

次回の第2話は仮面ライダーが指名手配という、ドライブ的要素も盛り込みつつ、戦兎の記憶と何かがベストマッチしてしまったようです。龍我の謎も気になるところですが、来週の仮面ライダービルド第2話、「無実のランナウェイ」。見逃せませんよ!

 

てことで明日は自由投稿!お楽しみに!

 

ここでお知らせです。木曜日にやっていた特撮感想ですが、月曜日に特撮感想を持ってきたいと思います。そして木曜日は月曜日の自由更新を持ってきます。つまり、月曜日が特撮感想、木曜日が自由更新になります。ただ月曜日までに仮面ライダービルドが見れなかった場合は自由更新になるのでそこら辺はよろしくお願いします。ということで「無実のランナウェイ」感想は月曜日の更新になります。お楽しみに!