たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダービルド 2話 感想

どうも「たけ」です。

 

月曜日に移動した仮面ライダービルドの感想記事です。今回は2話と思えぬ重い展開が待ち受けていましたね。それではやっていきます!

さあ、実験開始だ!

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170911193639j:image

 

無実のランナウェイ

今回は龍我の過去にスポットライトが当たってました。最初は香澄さんが怪しいんじゃないかと思えるような要素がたくさん出てきます。香澄さんが科学者の助手に龍我を指名したこと、家に向かわせたこと、などなど。香澄さんが何かを隠してるのでは、陰謀と繋がってるのではないかという疑心が出てきます。しかし、全ては「ナベシマ」という謎の男が鍵でした。龍我の目の前に現れた香澄さんが変化したスマッシュは龍我を守るために自分で自分を殺そうとします。ここで香澄さんへの疑心が晴れ、ビルドは龍我と香澄さんのためにスマッシュと戦い、元の姿に戻します。龍我と香澄さんは涙を流しながら別れ、香澄さんのためにも全ての真実を掴もうと戦兎と龍我は決意を新たにし、「ナベシマ」という男を探し始めます。

 

1話に出てきたコウモリ男、「ナイトローグ」が出てきました。声がこもっていてセリフが上手く聞き取れませんが、ビルドのライバルキャラになるんでしょうか。ナイトローグが何者なのか、ナイトローグは何をしようとしてるのかはまだまだ謎ですが、龍我や戦兎を実験台にして何をしようとしてたのかも明らかになってません。龍我が記憶を無くしていないことも気にかかりますし、戦兎の記憶が全て目覚めた時、ナイトローグの正体がわかるのでしょうか。

 

そして、2話で「ゴリラモンド」が出てきました。エグゼイド本編やトゥルーエンディングで、パラドクスやゲンムをボコボコにしていったゴリラモンドですが、ビルドは新しいフォームが出てきても、大きな見せ場は作らずポンポンテンポよく進んでいくのでしょうか。ネタバレ情報を見てみるとこれからも数々のベストマッチが出てくるようですし、これぐらいテンポよくやっていかないと全て消化できないのでしょうか。それとも、ゴリラモンドだけはこれまで活躍を見せてきたので、活躍が端折られたのでしょうか。エグゼイド本編にゴリラモンドが出てきたことからエグゼイド本編前からビルドは戦い始めていたことになります。2話直後がエグゼイド44話に繋がってくるのでしょうか。エグゼイドとの出会いが平成ジェネレーションズFINALにも関わってくるそうなので、今までのコラボよりも時系列が気になるところです。

 

フリージャーナリストの紗羽さんもビルド側と出会いました。フリージャーナリストの情報網を使い、ビルドを手助けしていくのでしょうか。心強い仲間になりそうです。そして、石動家の謎も徐々に深まっていきます。PR動画では美空がスマッシュの成分を浄化できる謎の力を持っているという美空の秘密だけが明らかになっていましたが、なんと美空の父親、惣一までもが謎の力を持っているようです。美空だけじゃなく石動家全体の謎が物語に関わってくるとしたら…。思っていた以上に壮大な物語になりそうです。

 

そして、序盤のギャグパート。戦兎と龍我の生い立ちボケや、戦兎と惣一の「ごめーん」の言い合いなど、ところどころでクスッと笑えるギャグが入っていました。このテンポのいい言い合いが見られるとなると、会話劇などが好きな僕にとってはこの1年間非常に楽しみですね。

 

次回は「ナベシマ」という男を追っていきます。その中で明かされる謎の組織「ファウスト」、美空のもう一つの顔、そして新たなベストマッチ。数々の新要素がまたまた現れます。ビルドはまだ始まったばかり。気を抜いてはいられませんよ!

 

明日はYoutuber紹介!お楽しみに!