たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダービルド 9話までの感想

どうも「たけ」です。

 

今日2本目の記事です。今週は仮面ライダービルドがお休み。ということでこのタイミングで、9話までを総括して感想を書いていきたいと思います。それでは行きます!

 

 f:id:jxnbm7jjt615:20171106195833j:image

 

まず、ストーリー面からです。ストーリー面は平成1期と平成2期の良いとこ取りのような印象を受けます。今のところ見られるキャラ同士の激突やすれ違い、9話終盤で見られた裏切り裏切られなど結構ドロドロした展開は1期寄りの印象を受けますし、その中でもきっちり数々の玩具を子供に向けてしっかり促販するたくさんのアイテムという2期寄りの印象。そのどちらも取っているというハイブリッドな印象を受けます。1話ごとに謎を設けて数々解き明かしていく連続的な話の中で、ゲストの話は2話で完結したりと、エグゼイドで見られた方法も使われています。このハイスピードな展開もビルドの見どころです。ストーリー面には今のところ大きな不安は見られませんし、むしろブラッドスタークの正体や、2号ライダーはいつ出てくるのかなどなど期待度の方がどんどん増していってます!

 

 f:id:jxnbm7jjt615:20171106192851j:image

 

次にキャラクター面について。嫌いなキャラ、実はいないんですよね。各々が各々の信念を持ってるところも実に1期らしいというか、ナイトローグに変身する幻徳も東都のためを想っての行動ですからね。戦兎は記憶喪失というストーリー面でも印象に残る設定を持っている大きな魅力を持っていますが、なおかつ性格が良いという二段構え。記憶喪失だから理想の自分を演じているとマスターの言葉がありましたが、しっかりヒーローらしい活躍をしててとても好印象です。犬飼貴丈くんの演技も素晴らしく、佐藤太郎という魅力的なネタキャラまで演じ切るその演技力に感服ですね。

龍我は良くも悪くも一直線。その純粋さは時に自分のことしか考えられなくなる危なさも兼ね備えていますが、反面、それが相手の気持ちを思いやる方に向けばとても頼れる味方になるという良くも悪くもなキャラです。9話で戦兎の本当の龍我に対する想いを知ったので、次回で戦兎との本当の絆が描かれると思うとワクワクですね。2号ライダーは彼なんでしょうかね?あまりネタバレは見ないのでそこら辺はあまりわかってないのですが…。兎にも角にも戦兎と今後、更に深く描かれるであろうバディ関係に注目です!個人的にはこういう男同士の熱い友情物語好きなんですよねぇ。

謎多きヒロインの美空。引きこもってばかりの彼女ですが、ネットアイドルという顔を見せたり本当は外の世界への憧れを抱いていたり、ファウストの最大の被害者の1人が彼女ですね。正直美空、めっちゃかわいいと思うんですけど…。それは置いといて彼女のスマッシュの成分を浄化できる能力は今後のストーリーにも関わってくる予感。果たして美空は何者なのか。石動家はマスターも胡散臭く、怪しくて…一筋縄じゃいかない予感ですね。

そして、個人的に注目したいのはマスターと葛城巧。マスターは未だに僕、ブラッドスターク説を疑ってるんですけどどうなんでしょう。でも色々な謎を抱えてるのは確かだし、仮面ライダービルドの世界の重要な鍵を握るスカイウォールの惨劇を起こしたのも彼です。彼は一体何者なんでしょうか。2話の終盤の件も確実におかしいのでね…。葛城巧は9話終盤で生きてることが明らかになりましたが、これは肉体も完全に生きてるのでしょうか。それとも何か内面というか、そういう魂的なものだけが生き残ってるということなのでしょうか。後者ならばTwitterで予想されている「戦兎の正体は、佐藤太郎の体に葛城巧の精神が入ってる説」が有力になりますが果たして?

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171106195736j:image

 

では最後に仮面ライダーについて。仮面ライダービルドについては文句なしですね。基本フォームのラビットタンクが赤と青の色合いも合っててかっこいいですし、ゴリラモンドも怪力のゴリラと最高の硬度を誇るダイヤモンドが合わさっているというだけでとてつもない強さを連想させますし、(最近出番が無いのが残念…。)ホークガトリングは僕が1番好きなベストマッチであのスマートさが気に入ってます。空を飛んで遠距離攻撃って結構強いですよね。ニンニンコミックは未だにコミック要素が見つからずなのですが、あの俊敏な動きがかっこいいですよね。ロケットパンダはパンダ要素とロケット要素が結構良い感じでマッチしてるんですよ。近距離はパンダのクロー攻撃で遠距離はロケット。空も飛べるしで結構強いと感じました。ファイヤーヘッジホッグも、敵になったら嫌ですよね。ハリネズミの針でやられたらもちろんめちゃくちゃ痛いでしょうし、消防車フルボトルなんて、水も炎も放てるんですよ。熱さと寒さで死にますよあれ。ライオンクリーナーはまだどうだろう?な感じですが、個人的に気になるのは次回のキードラゴン。龍我が愛用するドラゴンフルボトルを使うってだけでドキドキワクワクですし、Twitterで鍵+ドラゴン=龍我は戦兎にとっての大切な鍵という解釈におぉ!となったので、まじでドキドキです。色合いも大好きなんですよね。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171106195811j:image

 

ということで、結構バラバラな感想になってしまいましたがいかがでしたでしょうか。9話は10話の盛り上がりのための前振りと9話感想記事でも書きましたが、10話はキードラゴンの登場、戦兎と龍我の共同戦線、ブラッドスタークの正体などなど見どころたくさんの話になってると思います。紗羽さんや葛城巧の生死も非常に気になるところです。楽しみだ!

 

 f:id:jxnbm7jjt615:20171106195354j:image

 

明日は自由更新です!お楽しみに!