たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

好きなマンガ紹介! 〜魔人探偵脳噛ネウロ編〜

どうも「たけ」です。

 

今回のマンガ紹介は「魔人探偵脳噛ネウロ」を紹介したいと思います。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171110192229j:image

 

この魔人探偵脳噛ネウロは、暗殺教室も描いた松井優征先生の作品です。暗殺教室とはまた違った面白さがあります。

 

やみつきになる面白さ

暗殺教室松井優征らしさもありましたが、基本陽性な明るい作風で、学生生活という観点から言っても非常に親しみやすい作品でしたが、魔人探偵脳噛ネウロはダークでシリアス。いや、シリアスというよりブラックと言った方が正しいでしょうか。このマンガ、推理ものなのですが、読者も推理できる材料が全く提示されないので、主人公の一方的な推理を見て楽しむだけになります。では何が面白いのかというと「犯人の豹変」。これは魔人探偵脳噛ネウロの名物でもあるのですが、犯罪を犯したことを隠すために様々な「謎」を仕掛けるのですが、その謎を主人公が解くと、裏の顔を見せ、とてつもない豹変を見せるんです。さっきまで温厚だった人が急に豹変。すると、読者からしても「ええ、こんなやつだったのか!」というインパクトを与え、とても見ていてハラハラするような作品です。主人公であるネウロと対峙するライバルも非常にインパクトが強いキャラ。様々なものに形を変えられるが、あまりに変えすぎて自分の本当の姿と記憶がわからなくなってしまった怪盗・Xなど、様々なライバルキャラもこの作品のブラックさを際立たせています。基本、事件が起きることが前提の作品ですので、そこのハラハラ感もありますし、何よりブラックジョーク的な面白さなどもありますので、非常に毒っけがあってオススメです。暗殺教室より非常にニッチな作風なので、暗殺教室が合わなかった人はあまり合わないのかなぁと。結構独特な作風ですので、見る人を選ぶのはありますね。

 

ということでマンガ紹介でした!明日は自由更新!お楽しみに!