たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダービルド 10話 感想

どうも「たけ」です。

 

大きな盛り上がりを見せた10話。戦兎と龍我の絆、ブラッドスタークの正体、ファウストの仲間割れ。そして、東都トップの変化…。そんな10話の感想を書いていきたいと思います。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171113200641j:image

 

滅亡のテクノロジー

今回は序盤からピンチ!9話最後についにブラッドスタークがパンドラボックスを奪うために動き出し、東都の研究所に潜入していた研究員により罠にかけられた戦兎は研究所を離れてしまいます。頼みの綱は龍我だけ…。龍我のバトルにつぐバトルが始まります。この生身戦闘のカメラアングルが個人的にとても好み。臨場感に溢れて、緊張感も倍に増していて良い戦闘シーンだったと感じました。この生身戦闘シーンも次回で見れなくなるんだと思うと寂しい…。ただ最後に気合の入った龍我の生身戦闘が見れて良かったです。

 

ナイトローグとブラッドスタークの仲間割れ。これまでもたびたびすれ違いは描かれてきましたが、今回初めて本格的な衝突を起こします。ブラッドスタークは何を思ってパンドラボックスを奪い、それを勝手にどこに持ち去ろうとしていたのでしょう。今のところブラッドスタークはあと一歩のところでナイトローグを出し抜けず、ナイトローグの実力の前に今回屈してしまいましたが、ブラッドスタークの目的は一体何なのでしょう。ブラッドスタークが葛城巧なのではないかという疑惑も出てきました。研究員の顔を別の人の顔に変えたり、科学に対する悪魔のような考え方など葛城巧に似通った部分も登場しました。果たして、これはミスリードなのでしょうか?それとも…?個人的にはマスター説を推したいところですが果たして?

 

そして、前回からの戦兎と龍我の絆が描かれました。ついに本当の意味での共闘が実現し、共闘が始まる前のぎこちない会話も戦兎と龍我らしく、とても盛り上がる戦いでした。その中で次回の仮面ライダークローズの布石でもあるハザードレベル3.0に龍我が到達しました。どんどん覚醒していく龍我ですが、その上がりすぎた力は一体この先何を招くのでしょうか。 そして、新ベストマッチ、「キードラゴン」登場。今回はここで触れさせていただきます。ドラゴンフルボトルにキーフルボトルでベストマッチというのがどうにもオシャレで、ドラゴンフルボトルの強大すぎる力をキーフルボトルの封印の力で何とか抑え込んでるみたいな設定なのかな…。それだとすごく好みなんですけどね。ファングジョーカー的な。暴走しすぎる龍我(ドラゴンフルボトル)を戦兎が抑えるっていう(キーフルボトル)戦兎と龍我の関係性にも見えて気に入りましたねキードラゴン。正直、これまでのどれよりも必殺技が好みで、ドラゴンボール大好きな自分にとって、あの手の平から光弾を出すっていうのはすごく燃えましたよ。そして、戦いの終わりに絆を確かめ合う戦兎と龍我。この2人がたとえ知りたくない真実を知ったとしてもそれでもちゃんと相棒でいてほしいですね。最終回までも、最終回からも。てか、戦兎がキーフルボトルで抑え込みながらもそれでも強大な力の反動がきたドラゴンフルボトルを生身で使いこなした龍我って本当に何者なんですかね…。元格闘家以外にも何かアンサーがあるのでしょうか。

 

そして、久しぶりの巨大戦からの仮面ライダーならではのバイクシーン。やっぱり仮面ライダーはバイクに乗ってなんぼ。っていうか乗り物に乗ってなんぼですね。仮面ライダー鎧武とかバイクにあまり乗らないライダーでもサクラハリケーンとか乗ってるシーン見ると、「ああ、仮面ライダーだな」ってなりますもんね。鎧武以降かな?バイクに乗らなくなった仮面ライダーですけど、その間も車になったり、人がバイクになったりしましたけど、正統派のバイクに乗るライダーってやっぱりかっこいいですね。まあ、スマホからバイクになるのは突飛なアイデアですが…。でもそれも良い!そして、戦兎とスタークの間で交わされる「科学論」。「科学者としての理念・正義」という10話にきて、本格的に科学がお話の軸に来た感じがありますね。これまでも何度か科学論が描かれるシーンがありましたが…。この戦兎の科学論が様々な真実を見ていく中で、どう変わっていくのか。あるいはそれでも貫くのか。見どころですね。スタークもそれらしい科学論を話していましたが本当に葛城巧なのでしょうか?気になるところ。そして、これからのビルドに向けての布石が着々とうたれます。戦兎の研究所に設置されていた盗聴器。東都トップの移り変わり。そして、奪われたフルボトル。盗聴器は果たして誰が何のために仕掛けたのか?幻徳が東都トップになってしまったら東都は、日本はどうなってしまうのか?そして、フルボトルを奪われた戦兎はキードラゴンだけで奪い返せるのか?奪われたフルボトルは次回の仮面ライダークローズの登場にも恐らく繋がってくるので楽しみなところ。そして、今回ではあまり深くは描かれませんでしたが紗羽さんの行方も気になるところですね。

 

ということでこれまでを踏まえた見どころ、そしてこれからを期待させる見どころもたっぷりの10話でした。次回はついに1話から噂されていた仮面ライダークローズの登場!自分の冤罪を晴らすという、あくまで自分のために戦ってきた龍我は他人のために戦う仮面ライダーにどうやってなるのか。そして、奪われたフルボトルを奪い返せるのか。仮面ライダークローズのドラゴンのエフェクトがすごくかっこいい!男心にこのドラゴンのエフェクトはすごいそそられるものがありますね。本当に待ちに待った展開なので非常に楽しみ!これまでのビルドの中で最高に期待してる話です!

 

明日は自由更新!お楽しみに!