たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダービルド 12話 感想

どうも「たけ」です。

 

いやもう言い訳も何も無いんですが、昨日のブログ更新完全にド忘れしてました。本当にすいませんでした。てことで仮面ライダービルド感想をしっかり書いていきますので、見てってくださると幸いです。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171127200829j:image

 

陰謀のセオリー

まさかのOP無しで始まった仮面ライダービルド。このOP無しはエグゼイドの2クール目を思い浮かべますが、まさかこのOPと共に誰かが主人公の衝撃の事実をバラすのでしょうか?という冗談はさておき、紗羽さんは難波重工のスパイでした。2話から仲間入りした紗羽さんですがその時の言い訳も全て、作り話だったとのこと。マッチの行方と冷蔵庫の開け閉めの真実が明かされる中、紗羽さんのスパイの目的は難波重工の会長に仮面ライダービルドの情報を渡すためでした。ファウストとの繋がりも明かされた難波重工ですが、それならファウストは戦兎たちのアジトを知ってるはず。襲われない理由を調べると、それは仮面ライダービルドを軍事兵器にするためのデータ集めでした。ファウストと東都政府は繋がってることが明かされましたが、正直ここは納得がいかない…。9話で東都の研究員がファウストパンドラボックス奪取を手伝ってることから、もしかして東都とファウストは繋がってる?ぐらい気づきそうなもんですが、冷静に考えるとファウストの人員を東都に潜入させたみたいな考えもできますし、研究所に潜入したものからいきなり、政府を疑うのも無理があるような気がするのでこれはどっちもどっちなのかな?そして、紗羽さんは政府とファウストの繋がりを調べるためにスパイをしていたのでした。その裏には紗羽さんの父が政府に殺されたという悲しい過去がありました。しかし、紗羽さんの個人の力で政府を訴えてもどうにもなりませんし、証拠もあがりません。紗羽さんはファウストという東都だけでなく西都、北都でも問題にされてる悪の軍団との繋がりを明確にすることで政府を訴えようと考えたのでしょう。紗羽さんがジャーナリストになったのもそこから来ているのかもしれません。

 

そして、難波重工の研究所にパンドラボックスが保管されていることが明かされます。戦兎が研究所のどこにパンドラボックスが保管されているのか、東都の研究所で調べていると幻徳の付き人の内海と出会います。あまりこれまで活躍の場が無かった内海ですが、今回はメインキャラ。戦兎に地下3階にパンドラボックスが保管されていることを教えます。内海は終盤で戦兎に「俺のようにはなるなよ」との言葉を残します。内海はまだ正義の心を残していて、ただ日本のためを思って頑張っていたのかもしれません。ただ、そのやり方をどこかで間違え、道を踏み外しただけ。内海は戦兎へ「まだ間に合う」と言葉を残し、死んでしまいます。幻徳を慕っているからこそ、幻徳に戻ってきて欲しい一心で付き人をやっていたのかもしれませんし、パンドラボックスの在り処を教えたのももしかしたらそういうのがどこかにあったかもしれません。公式サイトを見るとまだ内海のオールアップは書かれていません。まだこれから先の出番があるとなると、どこかでまた幻徳のキャラを掘り下げるのに重要なキャラになってくるのかもしれません。これまで目立たなかった内海ですが、今回のキャラ掘り下げで重要なキャラになったように思います。

 

そして、戦兎と龍我は総合研究所に潜入します。その際、戦兎は龍我へビルドドライバーをもう1個作り出して渡します。龍我に人を守るためにライダーになれというニュアンスの言葉をビルドドライバーを渡す際に言います。そして、ナイトローグと出会います。仮面ライダークローズとナイトローグの一騎打ち。ですが、そこにブラッドスタークが現れます。スタークが現れた理由はナイトローグを倒すため。本当にブラッドスタークは何者なんでしょうかね?ローグを倒そうとしてますが一体何のために?ファウストを自分のものにしようとしてるのでしょうか。それとも何か別の理由があるのでしょうか。未だに僕はマスター説が拭えませんが果たして…。そして、ついに戦兎はフルボトルを全て取り返し、変身。久しぶりの戦兎の変身に心が躍る中、新ベストマッチ「海賊レッシャー」が登場します。12話の2回目のバトルで「カイゾクハッシャー」という弓型の武器を駆使した華麗な戦いをしていました。正直、海賊の要素も列車の要素も中途半端で微妙な感じもするのですが…。てかホークガトリングはよ!はよ出して!でも、海賊フルボトルを使ったドリルクラッシャーの必殺技の水のエフェクトはかっこよかったです。

 

そして、パンドラボックスはスタークに奪われてしまいます。スタークが何者かによってその所在も目的も変わってきますがパンドラボックスには一体どんな謎が隠されているのでしょうか?火星から見つかったという核以上のパワー。1話から謎のパンドラボックスですが、果たしてどんな力が隠されているのでしょうか?紗羽さんは、パンドラボックスが難波重工の研究所に隠されていたことを東都政府首相の幻徳の父に話します。それは政府とファウストが繋がっていることを伝えようとする紗羽さんの作戦でした。そんな中、幻徳たちは難波重工の研究所からパンドラボックスが奪われたことを何とかしようと東都政府はファウスト壊滅作戦を実行します。信頼されない紗羽さんは何とか拘束を逃れようと華麗なアクションを見せます。ウルトラマンギンガは見たことないんですが、そこで培ったアクションでしょうか。見事に蹴りアクションを繰り広げ、追っ手から逃れます。そして、ついにファウスト壊滅作戦が実行されました。それは、ナイトローグに変身した内海を幻徳が指示し、倒すといったものでした。つまりこれはナイトローグは幻徳ではないことを証明すると共に、全ての責任を内海さんに負わせ、東都の信頼を回復させようというものでした。そして、内海はここで激流の川へ落とされてしまいます。それは、内海にまだ微かに残っていた良心の叫びを残しての死亡でした。内海さんがまだ復活の兆しが残っているならこれから重要なキャラになりそうです。

 

そして、紗羽さんと戦兎たちは和解します。政府とファウストの繋がりを突き止めることの目的の一致、は建前でこれまでの紗羽さんとの絆が紗羽さんの過去などを聞いた戦兎たちの心とベストマッチして招いた和解なのかもしれません。そして、本編でついに仮面ライダークローズと決定されます。チャックが関係してるんでしょうかね…。それはTwitterで散々言われてきたことだし、まあ無しとしましょう。そして、終盤懐かしの鍋島から電話がかかってきます。記憶を取り戻した鍋島からの電話。それは、龍我に罪を着せることを命じた人物の正体でした。それを戦兎が聞いたあと、意味ありげにアップされるコーヒー豆…。これはつまり…。考えすぎでしょうか。

 

てことで、次回の仮面ライダービルドは事件の黒幕が判明。スタークの正体が明かされるのでしょうか?それは無くても黒幕が誰なのか?コーヒー豆の件からマスターだと僕は予想しますが果たして…。「あんたにこの攻撃は読めないと思ったよ。」この口ぶりから戦兎とは長い付き合いだったのがわかります。それほどまでに長く付き合い、そして戦兎が「最悪だ…。」と深いショックを受ける人物…。それは…。

 

そして!本編のあとの平成ジェネレーションズFINALのCMにビルドの新フォームが登場。ラビットガトリングに似た色合いをしてますが果たして?

f:id:jxnbm7jjt615:20171127205323p:image

 

そして、YouTubeに配信されている「5分でわかる仮面ライダービルド」の動画にも、仮面ライダービルドの新たな姿が登場しています。ラビットタンクを正統進化させたようなこの姿は一体?

f:id:jxnbm7jjt615:20171127205545p:image

これからの仮面ライダービルドを示唆するようなシーンも少し流れてるので必見です!内容はこれまでの仮面ライダービルドをおさらいする内容で、本編の最初に流れる戦兎と龍我のかけあいの長めバージョンといった感じでしょうか。とにかく必見です!

 

てことで明日は自由更新!お楽しみに!