たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダーエグゼイド 43話 感想

どうも「たけ」です。

 

今回は特撮感想ということで仮面ライダーエグゼイドの43話の感想を書いていきたいと思います。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170816145708j:image

 

チーム医療

この回で印象的だったのはやっぱり、永夢、飛彩、大我の共闘、チーム医療です。これまでにわだかまりも解消し、共闘は何度も行われてきましたが、そこではまだ大我は医師免許を持ってない正当な医者ではありませんでした。なので、そこに「共闘」という意味合いはあっても「チーム医療」ではない。医者同士の共闘ではありませんでした。しかし今回、大我は自分の本音をぶちまけます。「医者でありたい」という想いを。その想いは序盤のゲームに取り憑かれた大我とは思えない「医者としての」想いでした。そして、そんな大我に永夢は白衣を渡します。それは大我がまた医者に戻る「ライセンス」でもありました。そして遂に序盤はわだかまりしか無く、激突ばかり。最初のチーム戦は永夢に煽られて何も解消してないままの共闘でしたが、今回は正真正銘後ろめたさも何もなく、真に力を合わせた共闘でした。

 

最近の共闘を見て毎回思うんですが、上に書いた通り、あんなにわだかまりしか無く、永夢は飛彩に対抗心を抱き、それに対して飛彩も永夢を認めず、大我と飛彩はグラファイトをめぐる因縁があり、貴利矢は嘘つきとしてみんなに信頼されていませんでした。壇黎斗神は言うまでもなく第2クールまでずっと裏で暗躍していた敵でした。パラドは最近までずっとバグスターとして暗躍していて、第3クールに入った25話からは人間を殺す残虐さを見せ始め、しかも永夢のバグスターという敵役として申し分ない行動と出自でした。しかし、この6人がそれぞれのわだかまりを解消し、乗り越えて真に結託した結果があのチーム医療に出て、そしてトゥルーエンディングのあの共闘にも出て、単純に「よくここまで来たなぁ」という謎の感慨深さにおそわれています。

 

そしてエグゼイドはどの仮面ライダーにも、どのキャラクターにも深いストーリーがあるなぁと。6人の仮面ライダーたちは言うまでもなく、ニコちゃんにもポッピーにもグラファイトにもそれぞれのキャラにそれぞれのストーリーがあって、それがほんとにどれも綺麗に描かれているなぁと。全部のストーリーが疎かになってない、綺麗に完結してるんですよね。今回の大我のストーリーも最後はしっかり医者として戻るという綺麗な完結を迎えています。いやぁ、すごいなぁ。

 

てことで仮面ライダーエグゼイド43話感想でした。残すところ最終回まであと2回。次回のエグゼイドはポッピーとパラドのストーリーが恐らく完結します。パラドとポッピー、1話からバグスターという存在だった2人にどんな結末が待っているのでしょうか。そして、次回予告に一瞬出てきた仮面ライダービルド。果たしてビルドは何のためにエグゼイドの世界に現れたのでしょうか。個人的に気になるのは仮面ライダービルドの今回の登場がトゥルーエンディングにどう繋がるか。1年後のトゥルーエンディングにエグゼイドとパラドクスが知らないということは今回、永夢とパラドには接触しないと思われます。仮面ライダービルドはなんの目的で今回現れるのでしょうか。平成ジェネレーションズも楽しみですね。

 

明日は自由投稿!お楽しみに!

 

実際に体験してわかったVRのすごさ

どうも「たけ」です。

 

今回の自由投稿は、最近話題のVRについて書いていこうと思います。プレイステーションではなく、スマホ用のVRですのでそこら辺はご注意を。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170815132911j:image

 

360°全包囲ゲーム

VRを体験してみて、すごいと感じたのはやっぱり360°全ての方位がゲーム空間に見えるということ。僕はスマホ用アプリのジェットコースターを体験できるアプリをやりましたが、横を向けば送り迎えしてくれる客が、後ろを見ればこれからジェットコースターが走るコースが、そして実際のゲームはグルグル回り、気持ち悪くなるほどの体験でした。

そして次にゾンビが出てくるゲームを体験しました。やはり、すごいリアルで、ほんとにゾンビが徘徊する町を歩いているような感覚。ゾンビがグワッと来た時はほんとに怖く、ゾンビにまじでやられるんじゃないかとドキドキしましたね。

そしてホーンテッドマンションというアプリがあったんでそれもやりました。ホーンテッドマンションの世界を歩き、不気味な人形を見つけた時はマジでやばかったですね。怖すぎ。

 

父や弟にもやらせましたがあれ、はたから見てると何やってるかわかりませんね。急にギャーギャー騒ぎ出し、「ああ!なんかいるぅ!」とか。そこにはソファしかないのにソファに驚いてたりするんです。これもVRの楽しみ方かもしれませんね。

 

ということでVR体験談でした。正直言っちゃうと長いことやってると飽きそうですね。あまりやることないですし…。それでもやっぱり、360°全包囲ゲームとかそういうリアルなグラフィックとか魅力的なものがいっぱいで楽しかったです!皆さんもやってみてね!(使命感)

 

明日は木曜日で特撮紹介!お楽しみに!

実写化について言いたいことがあります。

どうも「たけ」です。

 

今日はYoutuber紹介の日の火曜日でしたが、YouTubeでのあまりにも辛辣な実写化批判を見て、これは違うんじゃないの?と思い、今回書くことにしました。明日の自由投稿は明日また更新しますので今日はこのことについても書かせてください。

 

ということで、斉木楠雄のサイ難の実写化の幕間映像の動画を見てたんですが、そのコメント欄があまりに辛辣な批判をしている人が多くて…。そういえば前にもこんなのがあったなぁ、と。なので今回は実写化批判で頻繁に言われていることについて僕の自論を書いていきたいと思います。もちろん個人の意見ですので、僕の意見が正解ではありません。異論がある人はコメントしていただいても構いません。むしろその方が実写化についての理解が深まるので、異論がある人はコメントをお願いします。

 

てことでまず最初に「実写化なんでやるの?」というコメントについて。これは単純に売れるから。そして商業実績があるからでしょう。もちろん映画を作る人は良い作品を作りたいのも事実ですが、商売ですので儲かりたいのも事実です。人気マンガを実写化し、人気俳優で映画を撮る。商売ですのでこれはしょうがないのではと思います。しかし、ここまで実写化が続いてるのは実際に成功している例があるからだと思います。実際に儲けが出てる事実がある。それはつまり実写化映画のクオリティが年々上がってることも表してるのではないでしょうか。

 

次に「アイドル商法や人気俳優の起用」についてでしょうか。まあ、これも儲かるためと言った方が早いでしょう。アイドル商法については僕もモヤモヤした感覚はありますが、人気を得るためしょうがないというのが僕の正直な感想です。しかし、人気俳優を起用するのは良いと思います。俳優という本業ですし、儲かるためには当然人気俳優を選ぶでしょう。しかし、斉木楠雄の災難を例に出しますが、山崎賢人への批判が辛辣すぎるのではないかと。確かに実写化はやりすぎかもしれません。しかし、山崎賢人を使った方が人気も出るし、そもそもこの時点で山崎賢人はこのキャラに合ってないなどと判断するのは早計ではないでしょうか。そもそも相違点を上げ連ねてギャーギャー批判するのに腹が立つのです。そりゃ、人気作は長く続いててそれを2時間程度に短くまとめようとすればそりゃ省略しなきゃならない点も出てくるし、そもそも2次元から3次元にするわけですからそりゃ変更点があるのもしょうがないでしょう。そんなに変更するならやるなというコメントが出るのもわかりますが、しょうがないです。商売ですから。一種の炎上商法とも言えるかもしれません。

 

ただ僕が1番に言いたいのは「観てもないのに出てる情報だけで批判するな」ということです。上にも書いたように原作との相違点を上げ、違っても仕方ないのにそこをひたすら叩き、このキャラにこの俳優は合ってない、声が似てない、顔が似てないなどと当たり前のことを叩き、そして挙句の果てには実写化やるなという結論に至る。そもそもこの流れに乗ってるやつが絶対いるはずなんですよね。心の底で実写化嫌だと思ってる人なんてほんとに少数だと思うんです。その人たちは実写化映画が面白いかもという可能性が頭の中に無いのでしょうか。そもそも原作と似てないから観ないというのが間違ってると思うし、面白いかもしれないよ?と。原作との相違点も映画を面白くするための措置かもしれないよ?と言いたいわけです。

 

結論僕が言いたいのは「観てもないのに批判するな」ということですね。この結論とこれまでの僕の意見を見て異論がある人はどんどんコメントしてきてください。ただ僕の文章力が拙く、説明不足の点も多々ありますし、伝わってない部分もたくさんあるかと思います。しかし、伝えたいことはこれでほとんどです。異論がある人はマジでコメントしてください。

 

ということで今日の追加記事でした。明日は自由投稿でこれより明るい内容になっておりますので、明日の記事は軽く読んで楽しんでください。それでは明日は自由投稿です!お楽しみに!

 

好きなYoutuber紹介のコーナー 〜アバンティーズの巻〜

どうも「たけ」です。

 

最近じわじわと需要が(恐らく)高まりつつあるYoutuber紹介のコーナーです。今回はアバンティーズを紹介していきたいと思います!

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170814233857p:image

 

イマドキYoutuber

最近レベルアップと称し、色々な発展を遂げたアバンティーズですが、アバンティーズの良さは「最先端」というか近未来的な魅力だと思います。

 

アバンティーズはよく「編集技術がすごい」と言われています。同職業のYoutuberからも「アバンティーズは編集がすごい」など、その編集技術が絶賛されています。確かに素人目から見ても、動画がなんてことない普通の企画でも、独特のメンバーとそのメンバーたちの魅力を底上げする、編集技術の上に面白い動画が作り上げられていることが感じられます。ちなみにアバンティーズの編集担当はエイジという赤髪のメンバーですが、機材にもこだわりがあるのか、他のYoutuberよりも画質が良いのです。隅々まで綺麗に撮られています。良い機材と編集技術という土台の上で、個性的なメンバーがワイワイ騒ぐ。この組み合わせがアバンティーズの魅力だと思います。

 

それではアバンティーズのメンバーを紹介します。

 

まず、上にある画像の左から2番目が

そらちぃ

といいます。アバンティーズのリーダーであり、元読者モデルという過去を持っています。元読者モデルだけあり、その端正な顔立ちで女性ファンからの人気は高いです。面白いですしね。ツッコミもボケもキレキレです。僕にはすごいヒゲのイメージがあって、「この人イケメンだけどヒゲ濃いなぁ」とはじめしゃちょーの動画で思ったりもしました。しかし、アバンティーズでは安定のリーダーで、なんというかすごく安定感がありますね。

 

上の写真の右端の赤髪の人が

エイジ

です。アバンティーズの副リーダー的立ち位置であり、アバンティーズのブレイン的な存在です。アバンティーズの要でもあり、アバンティーズの動画の大切な要素である「編集」の担当が彼なのです。その編集技術の高さは他のYoutuberからも絶賛されており、しかし、動画では編集担当とは思えない、ブレイン的立ち位置とは思えないほどのハジケっぷりを見せてくれます。もうそれは大丈夫か?ってぐらいのハジケっぷりです。口から吐き出しますしね。ちなみに僕はエイジが1番好きです。

 

上の写真の左端の金髪の人は

ツリメ

です。言うほどつり目ではないですが、独特の世界観の持ち主で、そらちぃと小さい頃からの仲良しです。アバンティーズの方針で「ツリメはのびのび」という方針があるぐらい独特の世界観に溢れており、視聴者やアバンティーズの他のメンバーが疑問に思うようなことも言ったりするのですが、その世界観とは裏腹に意外と常識人であり、動画の収拾がつかなくなったりするとお詫びを言うこともあります。

 

そして上の写真の右から2番目、メガネをかけている人が

リクヲ

です。天然で純粋そうな声と顔で、そらちぃが動画でも言ってたのですが、すごく純粋な良い人です。しかし、その性格ゆえか嫌なことを溜め込んでしまうのか、酔うと暴走を始めます。最近の動画では、ビールを飲んで酔い、泣き始め、壁に自分から頭をぶつけ、玄関で倒れ、最後には押し入れの中で寝てるというハチャメチャっぷりです。優しいのはいい事ですが、溜め込まないよう仲間にちゃんと相談して無理はしないでほしいですね。

 

ということでアバンティーズの紹介をしましたがいかがだったでしょうか?今回はメンバー数が多いこともあり、メンバー紹介もしましたが、多人数のYoutuberはメンバー紹介もしていく予定です。この記事が、いや、この企画が人気になってくれることを望みます。明日は自由投稿です!お楽しみに!

 

 

 

 

 

米津玄師さんの歌の歌詞について

どうも「たけ」です。

 

今回も自由投稿ということで、今回は「米津玄師さんの歌の歌詞」について自分が思ったことを書いていこうと思います。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20170813095052j:image

 

さらばかかげろ ピースサイン

米津玄師さんの曲にある数々の魅力の中で特に魅力的なのは、「歌詞」だと僕は思っています。 あの深く、考察しがいのある歌詞が曲を聴く人たちを魅了している1番の魅力だと思っています。

 

僕は米津玄師さんの曲は

・アイネクライネ

・LOSER

・orion

ピースサイン

砂の惑星

の5曲しか聴いたことがありません。この5曲から感じた、米津玄師さんの曲の魅力を紐解いていきたいと思います。

特筆したいのは米津玄師さんは「頭が良い」ということ。詳しい数値は忘れましたが、米津玄師さんは常人よりIQが高いというのを見かけました。つまり、そのIQの高さからくる言葉選びや、メッセージ性が魅力的な歌詞に繋がっていると思われます。

 

新しい曲がYouTubeで公開されるたびに、コメント欄では歌詞の考察が飛び交うほどに、その歌詞に秘められているメッセージ性は無限です。それは多分、「言葉選び」だと思います。なんというか、米津玄師さんの歌詞はストレートに物事を書いてない、遠回りに比喩表現などでメッセージを伝える歌詞が多いと感じます。その比喩表現は1人1人によって解釈の仕方が違うでしょう。つまり、米津玄師さんが何かしら明確な意図で書いた、もしくは想像の余地を残して書いた比喩表現を用いた歌詞が、ここまで歌詞に深みを与え、考察が次々に飛び交う魅力的な歌詞を作り上げていると思うのです。

 

ここまで米津玄師さんの歌詞の魅力、その魅力が作り上げられている理由を自分なりに考え、書き並べてきましたがいかがだったでしょうか?もちろん、これ以外にもたくさんの魅力があり、僕が気付いていないような歌詞の魅力があるかもしれません。そして、その歌詞の魅力を引き立てる音楽、MVなどなど、歌詞以外も米津玄師さんには魅力がたくさんあります。この記事を見てまだ米津玄師さんの曲を聴いたことが無い人がもしいなかったら、是非この機会に聴いてみてください。まず、ピースサイン、アイネクライネ辺りから聴いていくと、米津玄師さんの魅力にどんどん惹き込まれていくと思います。僕も米津玄師さんのにわかファンですがこんな記事を書き並べてしまうほどに魅力的ですので、まだ聴いたことないあなたも!ファンになること間違い無しです!

 

てことで、明日は火曜日のYoutuber紹介! 僕のTwitterYouTube用アカウントで紹介することで、徐々に需要も高まってきております!それではお楽しみに!

合計アクセス数が160を越えました。

どうも「たけ」です。

 

この記事は今日の自由投稿の記事ではありません。今日の夜、別に自由投稿の記事が上がりますので、その記事も良ければお読みください。

 

ということで、合計アクセス数が160を越えました。なんの合計かというと、今月のアクセス数と7月のアクセス数の合計です。これがどれだけすごいのかわかりませんし、多分(というか絶対)すごくないですが、何か区切りのある数字で報告したいなと思い、今回報告した次第です。ほんとは150の時に報告しようと思ったのですが、いつの間にか10増えてしまい、すいません。僕が言いたいのは、読んでくださっている方々への感謝です。ほんとに読んでくださっている方、ありがとうございます。こんな、まあ、言ってしまえばそこら辺のホコリのようなブログを読んでいただきほんとに感謝の気持ちが止まりません。今後もこのブログは続けていきますが、こういう報告記事もやっていこうと思います。このブログがどういう変遷を辿ってきたかという振り返りにもなりますし、単純にブログとして積み重ねたいというのもあります。

 

てことで合計アクセス数が160を越えました。8月中のアクセス数も150を越えました。読んでくださっている方はほんとにありがとうございます。これからも読んでいただけると僕にとってはすごく幸せです。それでは今後ともよろしくお願いします。

「たけブログ」の人気記事について

どうも「たけ」です。

 

今回の自由投稿の内容は、考察でも、感想でも、紹介でもなく、このブログの何が伸びてるかを改めておさらいして、このブログの発展に繋げよう!という内容です。

 

何が伸びてる?おさらいだ!

何が伸びてる要因かをおさらいして、その長所をもっと伸ばそう!ということで長所を自分で上げ連ねていこうかと思います。もちろん短所ばっかりのブログですが、何か伸びてる要因はあるだろうと思うので探していきたいと思います。

 

まずここは自信を持って言えるのですが、「毎日更新」だということ。毎日更新することで自分のブログを毎日アピールできるのが1番の長所だと思ってます。しかもこのはてなブログ、ブログを更新した後にTwitterにシェアできるのでそれも伸びに一役かってるかと思います。そしてこれも1つの伸びの要因というか、これはこのブログの人気記事トップ5を見ての考えなんですが、「特撮記事が多いこと」。僕のTwitter、フォローしてる方もフォロワーの方も特撮好きの方や特撮関係の方が多いんですね。このはてなブログTwitterシェア機能でこのブログの特撮記事がその特撮好きの方々にアピールできているのも1つの要因ではないでしょうか。ちなみに人気記事トップ5は、

 

1位 トゥルーエンディング、その意味とは。

       〜仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング 感想〜 ※相当なネタバレあり

f:id:jxnbm7jjt615:20170812121408j:image

タイトル通り、仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディングの感想記事。ネタバレありで自分ができる限りの隅々まで言及してるので、まだ見てない人は注意。仮面ライダービルドのことまで言及しております。

 

2位 マックのロコモコバーガー 感想

f:id:jxnbm7jjt615:20170812135444j:image

たけブログを開設してからの初めての自由投稿記事。これを書く前日にロコモコバーガーを食べたから書いただけで、ここまで伸びるとは思ってなかった。ロコモコバーガーが気になってる人が多かったのでしょうね。

 

3位 たけ、ウルトラマンデビュー! ウルトラマンジードが面白い!!

f:id:jxnbm7jjt615:20170812135449j:image

初めてのリアルタイムで追うウルトラマンウルトラマンジードの魅力について書きました。ウルトラマンをリアルタイムで追える嬉しさから来るテンションで書き上げたので、ちょっとテンション高め。

 

4位 NEW仮面ライダー、その名も仮面ライダービルド!

f:id:jxnbm7jjt615:20170812135504j:image

 仮面ライダービルドのPR動画を見て、僕が仮面ライダービルドに期待することなどを書き並べました。トゥルーエンディングを見ると仮面ライダービルドへの印象が変わるかもしれません。そういう意味でもトゥルーエンディング見てみてください。

 

5位 特撮紹介スペシャル! 〜宇宙戦隊キュウレンジャー the movie ゲース・インダベーの逆襲 感想〜 ※ネタバレあり

f:id:jxnbm7jjt615:20170812121549j:image

キュウレンジャーの映画感想記事。すごく面白かったのですが、あれ?と思う所もあり、僕の記事では数少ない指摘点も書き並べた記事です。だけどその分、名乗りシーンの魅力を書いたときにテンションが上がってしまい、やりたい放題やってしまいました。そこも含めて思い出のある記事です。キュウレンジャーの映画も面白いですよ!トゥルーエンディング前の気持ちをぶち上げてくれます。

 

この5つが人気記事です。ロコモコバーガー感想の記事は最初の方の記事なのですが、ここまでずっとトップ5入りしてます。大奮闘ですね。

 

たけブログのこれから

これからたけブログはどうすればいいんでしょうか。まず、毎日更新は続けていこうと思います。そうすればこのブログも毎日アピールできますし、このブログが伸びてる1番の要因ですからね。そして、特撮記事についてですが、これは意図的に増やそうとは思いません。まだまだ自由投稿で書こうとしているネタはありますし、マンガ紹介やYouTuber紹介も続けていきたいですしね。しかし、恐らく無意識に特撮記事は増えていくと思われますので、そこは把握をよろしくお願いします。そして1番は特撮記事以外のマンガ紹介、YouTuber紹介、自由投稿での特撮以外の内容にもっと力を入れていきたいですね。特撮記事はどんどん伸びていってますが、それ以外の記事はまだまだ伸びてません。なので今以上に内容にもっと力を入れて書いていこうと思います。つまり何が言いたいかと言うと

 

これからも頑張ります!

 

ということです。

 

それでは明日も自由投稿です。どんな内容になるかお楽しみに!