たけブログ

毎日投稿を心がけて頑張ります!

仮面ライダーはやはり大人向けなのか

どうも「たけ」です。

 

今回はなぜタイトル通り、「仮面ライダーはやはり大人向けなのか」と感じた理由について話そうと思います。子供向けとして放送されていて、実際子供人気もすごくある仮面ライダーシリーズですが、やはりスーパー戦隊シリーズと比べるとやや、大人向けな印象。しかし、それは印象だけではなく実際もそうなのかな?と感じたエピソードです。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171020201858p:image

 

その出来事は仮面ライダーエグゼイド放映時期にありました。僕には幼稚園児の弟がいるのですが、弟はキュウレンジャーに夢中でした。それまであまりヒーロー物にハマっておらず、初めてハマったヒーロー物がキュウレンジャーでした。しかし、ここで私は疑問に思いました。「エグゼイドもなんでこんな面白いのにハマってくれないんだろう?」その放映時期は37話で大我がグラファイトに致命傷を負わされる回で、絶賛クライマックス中での出来事でした。僕は弟に聞きました。「なんで、エグゼイドは見ないの?」 弟はこう答えました。「何やってるかわかんないから、つまんない。」なるほどと思いました。それと同時に仮面ライダーは大人向けなのかな?などと感じました。大人向けとは行かなくともある程度高年齢向けな内容なのかなと。キュウレンジャーは今も単純明快。画的にも派手なバトルが繰り広げられますが、仮面ライダーは複雑な人間ドラマもあったり、エグゼイドはそれに医療ドラマなどたくさんのドラマが複雑には絡み合っていたのもあって、幼稚園児の弟には少し難しかったようです。

 

これが仮面ライダーは大人向けなのかな?と感じたエピソードです。決して幼稚園児をバカにしてるわけではないですし、キュウレンジャーをバカにしてるわけでもありません。ただ単純に仮面ライダーは子供には少し難しいのかもと感じた話だというだけです。仮面ライダービルドもやや難解だと感じています。もちろん子供向けですが、謎が謎を呼ぶ展開、淡々と進めていくストーリーなど、結構大人向けなところもあります。ただこれも仮面ライダーの魅力であり、これも仮面ライダーの素晴らしさなんだと感じました。

 

明日はマンガ紹介です!お楽しみに!

塗りまくれ!!スプラトゥーン2を語ろう!!#4 〜スプラトゥーン講座 スペシャルウェポン編〜

どうも「たけ」です。

 

今回のスプラトゥーン企画はブキを構成する「メインウェポン」、「サブウェポン」、「スペシャルウェポン」の中で、戦況をひっくり返すほどの力を持つ「スペシャルウェポン」を紹介したいと思います。

 

 必殺技 スペシャルウェポン

スペシャルウェポンは必殺技ともいえるくらいに、戦況を覆す大きな力を持っています。使い方を間違えると隙だらけになってしまいますが、使うことに成功すれば決して敵を寄せ付けない強さになります。今回はそのスペシャルウェポンの種類を紹介したいと思います。

 

ジェットパック

f:id:jxnbm7jjt615:20171019203315j:image

ジェットパックは発動するとインクのジェットを噴射し、空を飛びながらインクの弾を放てるスペシャルです。しかし、地面がないと食べなくなり、相手からも目立つので狙われやすいです。しかし、空中からの攻撃は非常に協力なので上手く使えば相手を一方的に攻撃できるスペシャルです。

 

スーパーチャクチ

f:id:jxnbm7jjt615:20171019203532j:image

 これを発動するとその場にジャンプし、チャクチしたと同時にインクの爆発を引き起こします。スーパージャンプ時にも発動できるので、スーパージャンプで跳んでくる着地点で待ち構えている敵を一掃することもできます。敵が密集する地点ではかなり強いスペシャルです。

 

マルチミサイル

f:id:jxnbm7jjt615:20171019203730j:image

 スペシャルを発動すると相手のロック画面にうつります。最大で4人をロックオンでき、ロックオンできた人数に合わせて自動追尾する弾を放ちます。一度にたくさんのミサイルを撃てるので、敵を退避させたり、ロックオン画面で敵の位置もわかるので、もし外れても相手の位置にすぐ移動できます。結構使い勝手の良いスペシャルです。

 

ハイパープレッサー

f:id:jxnbm7jjt615:20171019204000j:image

これを発動すると、相手に一直線にレーザーを発車することができます。壁を貫通するので、壁の向こうにいる敵も攻撃できます。ジリジリと発射する向きを変えることもできるので、相手を追い詰めたりすることもできます。チャージャーについてることが多いかな?チャージャーを使ってると使いやすいかもしれないスペシャルです。

 

アメフラシ

f:id:jxnbm7jjt615:20171019204203j:image

 このスペシャルを発動すると、インクの雨を降らせる雨雲を発生させる装置を持ちます。それを投げると、投げた場所を中心に広範囲に雨雲を発生させ、インクの雨を降らせます。あまり、敵を倒すことを期待はできませんが、相手の行動範囲を制限したり、相手を退避させるのに使ったりとかなり有効に使うことのできるスペシャルです。

 

ボムピッチャー

f:id:jxnbm7jjt615:20171019204524j:image

ボムピッチャーは発動すると、インク量に関係なくボムを投げまくれるようになります。ボムピッチャーにはボムに応じた種類があり、クイックボムを投げまくれる「クイックボムピッチャー」や、ロボットボムを投げまくれる「ロボットボムピッチャー」などがあります。ボタン長押しで飛距離が伸びるので使い分けができれば更に強くなります。そもそも、高威力のボムを投げまくれる辞典で相当強いスペシャルです。

 

インクアーマー

f:id:jxnbm7jjt615:20171019204742j:image

インクアーマーは相手のインクから自分の身を守るアーマーを一定時間与えてくれるスペシャルです。発動すれば味方全員にアーマーがつくので、攻めるのにはうってつけのスペシャルです。少しだけ相手のインクを防いでくれるので、発動すると非常に心強いスペシャルです。

 

イカスフィア

f:id:jxnbm7jjt615:20171019204935j:image

ボールの中に入って縦横無尽にステージを駆け回るスペシャルです。相手のインクを無効化できて、逆にこのスフィアで体当たりすればダメージを与えることができます。ボタン長押しで自分のインクを撒き散らす爆発もできるので、相手をかき乱すのに有効なスペシャルです。

 

 バブルランチャー

f:id:jxnbm7jjt615:20171019205140j:image

 インクで作られた大きな泡を3発発射できるスペシャルです。相手のインクをかけられるとしぼんでしまいますが、自分のインクをかけると膨らみます。膨らみ切ると爆発するので、相手への攻撃にも有効です。狭い通路に発射されると、相手のインクでできていて当たるとダメージを受けるので、退避などを迫られます。使い方次第では非常にやっかいなスペシャルです。

 

以上がスペシャルウェポンです。使いやすい、使いづらいもありますが、どれも戦況を覆すことのできる力を持つウェポンです。やっかいな力を持っているので、しっかり利用して、相手に勝ちましょう。

 

次回はバトルに重要な「ギア」について説明します。他のゲームでいう「装備」みたいなものです。そのギアがバトルにどんな影響を及ぼすのか説明します。

 

明日は自由更新です!お楽しみに!

 

 

初めてこのブログにご意見をいただけました

どうも「たけ」です。

 

今回はタイトル通り、このブログの記事に初めてご意見をいただけたことを記事にしたいと思います。

 

ご意見いただいた記事は昨日更新した「この世界は間違ってる」という記事です。まだ読まれていない方はこのブログのトップページへ行けば上の方にあると思うので読んでいただけると幸いです。この記事の内容を簡単に言うと、「クズなことをしてる人がトップに立っていて、純粋な気持ちを持ってるのに隅っこに追いやられるしかないオタク的な人たちが悩んでるなんてこの世界は間違ってるよね」という記事なんですが、そのような記事にご意見をいただけました。それがこのツイートです。

 

 

春麗さんという方からご意見をいただきました。このブログ初のご意見をいただけたことに本当に感謝しかありません。ありがとうございます。春麗さんは僕と交わした会話から察するにいつも読んでくれているのかな?(違ったらすいません。)そうじゃないとしても、このようなご意見をいただけたことに本当に感謝してます。これからも(もしくはこれからは)このブログを読んでいただけると幸せです。

 

このような世界があるんだということに感激しました。僕のクラスは結構オタク的な人たちが力を持てない環境というか、目立ってる人が正解みたいな雰囲気があるんですよね。オタク的な人の意見は受け付けませんよみたいな。そんな雰囲気はクラスとしてダメだと思うし、僕も変えたいと思っています。春麗さんのクラスは春麗さんが先生として頑張っているからこそ素晴らしいクラスになっているんだと思います。僕らの担任はあまり頼りにならないんですよね…。(言ってはダメですが…。)だけど、僕らのクラスはやっぱり僕らで変えなきゃダメですし、本当に勇気をもらえました。ありがとうございます!

 

ということでご意見をいただけたよという記事でした。僕のブログを読んでくださってる人もどんどんご意見募集しています。コメントでもリプライでも何でもいいので、ご意見をいただけると嬉しいですし、参考になります。ご意見お待ちしております。そして、ご意見をしてくださった春麗さん。本当にありがとうございました!

 

明日はスプラトゥーン企画!お楽しみに!

 

この世界は間違ってる

どうも「たけ」です。

 

ちょっと最悪な友達がいたので、ここに記します。YouTuber紹介はお休みします。すいません。

 

その友達は付き合っていました。僕の男友達をAさん、Aさんが付き合ってる人をBさんとします。AさんとBさんはつい最近別れました。普通ならこの人たちは愛し合っていたわけですから、何かしら後悔はあるはずです。その別れはたとえ、どっちも納得した上で別れたとしても、このことがトラウマになったりですぐさま新しい恋へは行かないはずです。しかし、こいつらはどちらも付き合い始めました。別れたその日にAさんはCさんと、BさんはDさんと。しかし、この人たちは全くこれが悪いこととは思っていません。悪いことではないかもしれません。しかし、これが僕らにとってどれだけ考えられないことか。どれだけ僕たちがこの決断の危険性を訴えても悪びれもなく彼らは御託を並べてきます。どう考えても考えられません。まさか別れた日に別の人と付き合い始めるなんて。それは別に悪いことではありませんが、論理的に全く考えられません。ならば、この人たちの愛は何だったのでしょうか。AさんとBさんの愛は何だったのでしょうか。僕が結論に出したのは「この人たちは相手が好きだったわけではなく、リア充でいる、自分が人の上に立っている優越感」が欲しかったのではないかと。恋愛なんて自分が上に立つための道具だとしか思ってないのでしょうか。だとしたら、本当にクズです。人が人を好きになる気持ちは素晴らしいことです。しかし、これはどうなんでしょう。こいつらはしかも学校ヒエラルキーでいう一軍の人たちです。こんなクズが一軍で、いわゆる陰キャラの人たちが学校ヒエラルキーの底辺にいる。しかも陰キャラの人たちは世界の闇を知っているので、人に優しいんです。なのに、その人たちは暗がりに追いやられる。なにか世界のバランスがおかしくないでしょうか。純粋に「好き」という気持ちを持っている、いわゆる陰キャラのように扱われてしまう「オタク」の人たちが、好きという気持ちを自分のために利用するクズに追いやられているんです。本来ならこのクズが底辺にいなければならない。そうならなきゃダメなんです。

 

それが僕がこの世界が間違ってると感じる所以です。

 

醜い文を失礼しました。しかし、自分の想いを思うがままに書き殴ったものなので悔いはありません。絶対に、絶対にこの世界は間違ってる。人は人としての価値観を間違ってる。

 

明日は自由更新です。お楽しみに。

仮面ライダービルド 7話 感想

どうも「たけ」です。

 

ついにナイトローグの正体が発覚した7話。今回も感想を書いていきます。昨日のエグゼイド熱を引き継ぎ、ビルド熱もどんどん高まっていますね!

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171016201245j:image

 

悪魔のサイエンティスト

今回は葛城巧の正体に迫った話でした。

 

まず、自分に罪をなすりつけたかもしれない仲間、戦兎に疑いをかける龍我。やったんだろカウントが329まで達するほどに疑惑が抜けない龍我は戦兎を信じられません。しかし、マスターの一言で葛城巧を調べることになります。自分の仲間が葛城巧を殺して、自分の人生を狂わせた。恐らく龍我にとってこれは相当にショックなことだったでしょう。前回、絆を深めた相手がもしかして、自分を陥れてるのかもしれない。そうなれば、こいつは記憶喪失で証拠もないけど状況は確かにこいつに疑いがある。責めたくなるのも当然です。しかし、大どんでん返しがあるのが、仮面ライダービルド。果たして葛城巧殺人事件にどんな真相が眠っているのか。楽しみです。

 

そして、葛城巧の一面が明かされます。葛城巧はネビュラガスの性質などにいち早く気づき、人体実験を起こしていました。そして、終盤に明かされた「スマッシュの生みの親」、「ファウストの創設者」という真実。これまでの話から考えると葛城巧には少なくとも子供に慕われる良い面もありましたが、こう真実が揃ってしまうと間違いなく、葛城巧は悪者になってしまいます。完全に悪者扱いですが果たしてどんでん返しはあるのでしょうか。そして、その葛城巧がなぜ殺されたのか。誰が殺したのか。戦兎と龍我と葛城巧の関係とは。葛城巧の真相が明かされるにつれて色々な謎が深まっていきますが、これを聞いた母の心境は?まだ謎が多い葛城巧ですが、葛城巧の全てが明かされた時、戦兎の周りはどのように変化してしまうのか。ここも要注目ですね。まだ葛城巧が生きてる説もあります。6話の幻徳のセリフが引っかかる部分もあるので、葛城巧はまだまだ深い謎を隠していますね。

 

そして、ナイトローグの正体が幻徳だということが明かされました。ここで気になるのが、東都政府とファウストの繋がりです。東都政府はファウストと繋がっているのでしょうか。幻徳はライダーを軍事兵器として利用しようとしているらしいです。つまり、仮面ライダービルドを利用して日本を東都政府のものにしようとしているのでしょうか?すると、ビルドは幻徳の手のひらの上で転がされていることになります。そこを今はブラッドスタークが引っ掻き回していますが、幻徳の計画が起動したとき、ビルドはどうなってしまうのでしょうか。ライダーのシステムを作り出したのは幻徳なのでしょうか?たしか、ビルドドライバーを作り出した人物はまだ明かされていません。戦兎はマスターに拾われ、成り行きでビルドになったと言っていました。ビルドドライバーをマスターから渡されたとするならば、マスターはファウストの一員である可能性が高いし、ライダーシステムはファウストの手で作られた可能性が高いです。幻徳はライダーを利用して何をしようとしているのか。そして、ブラッドスタークは何をしようとしていて、そして何者なのか。ファウスト側のドラマも見どころですね。

 

母親が持っているかもしれない、葛城巧の人体実験のデータを探しに戦兎は北都へ行きました。北都は社会が不安定になり、経済状態が悪化しており、亡命者もいるほどに大変な状況に陥っています。子供たちも貧乏で葛城巧の母親に教えて貰っていました。そんな母親も葛城巧のことを自慢の子供と言っていました。子供を想う龍我を見て、龍我への考えを直した母ですが、果たして今回の葛城巧の真実を聞いた母親は何を思ったのか。来週に注目ですね。

 

そして、最後に新しいベストマッチ、「ロケットパンダ」が出てきました。クローズドラゴンがガトリングフルボトルを装填し、ブラッドスタークに攻撃を繰り出すという促販具合でロケットフルボトルを敵から奪った龍我。浄化されていたロケットフルボトルをなぜブラッドスタークが持っていたのかはよくわかりませんが、とにかくパンダとベストマッチしました。意外と強くないですか、ロケットパンダ。近距離ではパンダのクロー攻撃と、ロケットのパンチ力がありますし、遠距離でもオーズのゴリラアームのゴリバゴーンのようにロケットを飛ばせますし、結構近距離、遠距離万能なフォームです。空を飛べて銃撃戦ができるホークガトリングと、動物の中でもトップクラスのパワーと最高の硬度を誇るゴリラモンド、ちょいコミック要素が薄いけど、四コマ忍法刀の剣術と忍術で敵を翻弄する俊敏なニンニンコミック。これと肩を並べるベストマッチがあるのかと思いましたが、結構使えるフォームですね。パンダには結構面白い能力もあるようですし、どのような活躍を果たすか期待大ですね。僕はそろそろゴリラモンドとホークガトリング出してほしいんですよね。最近、ニンニンコミック出過ぎじゃないですか。コミック要素薄いし。

 

てことで次回はブラッドスタークとナイトローグが軍事兵器、ライダーシステムを進化させる「アレ」の在処を探るらしいです。たぶん葛城巧の実験データでしょうが、その実験データを巡り、ビルドとファウストが衝突。そして、平成ジェネレーションズFINALは今回の葛城巧殺人事件の真相と影響を及ぼし合う可能性があるらしいです。エグゼイド本編と夏映画のビルドの行動の謎が明かされると話題の平成ジェネレーションズFINALですが、平成ジェネレーションズFINALの異変は物理学に関係する異変らしいです。この異変はスカイウォールの無いエグゼイドの世界とスカイウォールがあるビルドの世界、この2つの世界が同時に存在することにヒントがあるらしいです。果たしてどんな映画になるんでしょうか。そして、次回明かされる戦兎の涙のわけ、そしてファウストとの戦いの行方は?個人的はもうすぐ2号ライダーを出してほしい!

 

明日は好きなYouTuber紹介!お楽しみに!

 

 

仮面ライダーエグゼイドに出会えて本当に良かった 〜仮面ライダーエグゼイドファイナルステージ&番組キャストトークショー 感想〜

どうも「たけ」です。

 

皆さん、仮面ライダーエグゼイドファイナルステージ&番組キャストトークショー、見ましたか?実際に会場にいた皆さん、それか生配信をご覧になったかた、仮面ライダーエグゼイドファイナルステージ&番組キャストトークショー、どうでしたか?本当に感動の連続でしたね。もう…本当に最後の仮面ライダーエグゼイド、今は仮面ライダービルドがやってますが、仮面ライダービルドを語るのは明日にして、今回はじっくり仮面ライダーエグゼイドについて語ろうと思います。まさか、仮面ライダーエグゼイド総括を書いたあとにこれを書くとは…。

 

f:id:jxnbm7jjt615:20171015212044p:image

 

ありがとうエグゼイド

一言で言えば「ありがとう」としか言えません。思えば去年の10月1日?でしたか。仮面ライダーエグゼイドが始まりました。仮面ライダーゴーストを1年間見れず、なぜか1話で理由もわからず視聴をやめてしまった僕ですが、それでも仮面ライダーが好きだったこともあり、今度こそは仮面ライダーを全話見てやるぞ!と意気込んで仮面ライダーエグゼイドを見ました。それがまさか、こんなに素晴らしい作品を見ることになるとは、本当に運が良かったです。仮面ライダーは戦隊ものよりストーリーが濃いことを知って、僕は仮面ライダーエグゼイドを1字1句聞き間違えないように、本当に集中しながら毎話毎話見てました。その時々で色々な感想を持ちながら、見ていました。本当に至福の1年間でした。ファイナルステージは諸事情で終盤から見れませんでしたが、仮面ライダーエグゼイドのキャスト陣の演技の上達度を感じて驚くばかり。たくましい永夢の決め台詞が会場中に響き渡りました。そして、番組キャストトークショー。本当に笑いと涙の渦でした。皆さん、本当に爆笑トークの嵐で、黎斗いじりが激しかったりとか、撮影の裏話だとかで本当に笑いに溢れたトークで…。だけど、仮面ライダーエグゼイドは終わりで…。皆さんの最後の一言一言が仮面ライダーエグゼイドが終わった頃のエグゼイドロスの気持ちに引き戻してくれて、そして一言一言が胸に刺さってきて、みんな、涙を流しながら仮面ライダーエグゼイドに別れを伝えていきました。僕も恥ずかしながら号泣でした…。観客に声援をもらえて、みんなの前であんなに自分をさらけ出せて…。本当にキャスト陣は幸せだったと思います。だけど、キャスト陣の方々に知って欲しいのは、元気をもらってたのはキャストの方々だけではなく、僕らもだよ、と。仮面ライダーエグゼイドに間違いなく、元気と夢と勇気をもらったのは僕らでした。始まりがあれば終わりがある。今は仮面ライダービルドがやっていますが、ビルドにだって終わりはある。人の心は簡単に次の始まりに移る。だけど、過去にあった出来事は間違いなく僕らの力になってるし、間違いなくエグゼイドはキャストの方々にとっても、僕らにとっても大切な過去の宝物だと思います。

 

色々な仮面ライダーが好きでした。電王、オーズ、フォーゼ、ドライブ。ただ、今自信を持って言えるのは今1番好きな仮面ライダーは間違いなく、仮面ライダーエグゼイドだということです。この1年間、笑いと涙と勇気と元気を僕らにくれて本当にありがとう。仮面ライダーエグゼイドは平成ジェネレーションズFINAL、アナザーエンディングと続いていきますがそれでも終わりを迎えてしまいました。またいつか、仮面ライダーエグゼイドに出会える日まで…。

 

なんか言いたいことがまとまらなくて、ごっちゃごちゃの記事になってしまいましたが、何を言いたかったかと言われると、それは「仮面ライダーエグゼイドに出会えて良かった」、そして、「仮面ライダーエグゼイドが大好きだ、本当にありがとう」ということです。

仮面ライダーエグゼイドという素晴らしい作品を届けてくれた、スタッフの方、キャストの方、そして、仮面ライダーエグゼイド自体に本当に感謝しています。本当にありがとうございました!!

 

(ちょっとクサイ記事になってしまいましたねw でも結構皆さんもこんな気持ちなんじゃないでしょうか?とにかくまだまだ仮面ライダーエグゼイドへの気持ちが収まりませんが、仮面ライダービルドのキャスト陣も頑張っています。仮面ライダーエグゼイドを心に刻み、仮面ライダービルドを応援しましょう!仮面ライダーエグゼイドの物語はこれからも続く!)

 

ありがとう!仮面ライダーエグゼイド!!

f:id:jxnbm7jjt615:20171015213629p:image

THE GAME IS FOREVER

 

 

 

 

完全に昨日の更新を忘れた件について

どうも「たけ」です。

 

今回はマンガ紹介をお休みして、昨日ブログ更新できなかった言い訳をさせてください。お願いします。

 

実は昨日、部活の大会でめっちゃ疲れててすぐ寝ちゃったんすよ。そして、次起きたときは次の日の朝という大惨事で、もうほんとすいませんでした。

 

これからは気をつけます…。ってことで明日は自由更新です。お楽しみに。